自己破産残せるもの

自己破産残せるもの

自己破産をすると本人の現金や不動産は原則的に全て処分されてしまいます。

しかし、自己破産をしても残せるものが実はあります。その自己破産をしても

残せるものについて、解説していきたいと思います。

自己破産しても自由財産99万円を残せる

一例をあげてみます。東京裁判所の基準によると財産が20万円以下のものは原則的い破産した人の手元から処分されないことになっています。

自動車

預貯金

生命保険の解約返戻金

退職金の8分の1

電話加入権

自己破産手続では、自分の収支を細かく報告する義務があり

自己破産の手続きは自分のお金の流れで、自分自身で整理することが自己破産をしても

お金をのこせる現実に到達できる要因となります。

自己破産をしても残せる7つのポイント

99万円以下の現金

この99万円の根拠は3ケ月程度の必要な生活費と考えられます。

現金以外の物については、評価が20万円以下のもの

差押え禁止財産

エアコンや冷蔵庫や洗濯機や電子レンジあど生活必需品です。これは先に述べた評価が20万円以下のものに含みません。

新得財産

自己破産決定後に収得した財産が挙げられます。

自由財産拡張財産

自由財産が拡張された財産です。これは裁判所に申し立てをすることができます。

換価不能な財産

他者にとって価値がない、万人に価値が乏しいものは、これに該当します。

自己破産残せるもの まとめ

自己破産で残せるものは、自己破産しても自由財産99万円を残せるという原則を理解して賢明に残せるものを残していきましょう。

NO IMAGE
Share it !
Translate »