自己破産年数

自己破産にかかる年数とは?自己破産に係るそれぞれの年数を把握することはとても

大切です。お金の問題と期間の問題といえるでしょう。自己破産年数の問題をあいまいにすれば自己破産の着地ができなくなります。

自己破産をしたあとについて、再度ローンを組むことが可能になるためには、5年から

10年の期間です。これについては、自己破産の後の事実が信用情報記録として残ります。

そしてインターネット上では、登録が削除されるまで、ローンの審査は通らなくなるのです。しかし、実態は自分自身が自己破産の最終ゴールを把握していなければ永遠に

続く問題も発生します。その自己破産年数の注意点について確認していきましょう。

自己破産の手続きの期間は、財産がない場合はすぐに終わるといえるでしょう。

しかし、住宅などの不動産がある場合は、換金する際に時間がかかります。

自己破産何年でローン組める 

自己破産をして何年でローンを組めるかどうかは、大きな課題です。この問題を

解決する点は、信用情報が消えているか確認する必要があります。つまり信用情報が

消えているかを自分で確認することで悩みは解決します。信用情報記録が消えてなければ

消えるまですればいいです。

自己破産後の5年や7年後に住宅ローンの審査をすると失敗する。

ここでは、失敗事例についてお伝えします。もしもこの失敗事例を把握しないと

一生苦しむことになりかねません。

自己破産の後に7年くらい経過した後に住宅ローンの審査にいって住宅会社の営業マンに

相談をして住宅ローンの審査をして失敗する人がいます。まず自分で信用情報の記録を

開示することが大切です。

自己破産年数 まとめ

自己破産をする時は、自分のケースの場合の年数を把握することは、とても大切に

なってきます。

NO IMAGE
Share it !
Translate »